本文へ移動

園のブログ

「季節を感じて・初夏」

2022-07-05
注目オススメ

今年の梅雨は早々に終わりました。同時に夏がやってきましたが、いきなりの猛暑です。
昔は気温が30℃に達すると”今日は暑くなる”と思って過ごしていましたが、それは昔々の話です。
今は36℃、37℃と体に危険な温度となっています。
保育園では、お子さんの体調管理に気を付けこまめな水分補給をしたり、着替えなど汗の始末をしています。
また、涼しい場所で遊んだりなどの工夫をしています。
これから本格的に水遊びも始まりますが元気に暑い夏を過ごしていきたいと思います。

 
暑い日差しをよけてレジャーシートの屋根にパン箱を使ってお子さん達と一緒に基地(お家)を作りました。お子さん達はその中でいろいろな遊びを発展させていきます。
若葉保育園では「友達と親しみ、関りを深め、協力したりして一緒に活動する楽しさを味わい、愛情や信頼感をもつ」ことを大切にしています。
「先生、ここに屋根作って」「ここは○○ちゃんのお部屋だよ」と毎日いろいろな場所で繰り広げられる基地ごっこ。基地の中で繰り広げられる、友達とのやり取り、遊びの工夫が子どもの主体性を育てます。

基地(お家)の中でいろいろなごっこ遊びをしています。
時にはお姉さん役、お母さん役と役割分担をして遊んだり、動物になって動物ごっこなどもしています。
日頃のお子さん達の経験が遊びに現れます。
保育園では「いろいろな素材に親しみ、工夫して遊ぶ」経験も大切にしています。
外に段ボールを持ち出して遊ぶだけでワクワクします。
囲いにして中に入ったり壁にしたり、自由に形が変わる段ボールは最高の道具です。
ビール箱を靴入れにしていています。
保育園の下駄箱に靴を入れる習慣が身についているのでしょうか。
靴が散らばらずに、出入りがしやすいとお子さんながらにも思うようです。
あまりに猛暑の日は室内で遊ぶこともあります。
魚釣りやキャンプごっこが始まりました。
釣った魚を焼いてくれる人、「ご注文は何にしますか?」とお店屋さんになるお子さんもいました。
段ボールの切れ端をスマホに見立てて、注文を聞きに来てくれました。
お支払いはカード決済で、「ペイペイですか?」と聞かれました。
お子さんの経験が表現されていて、びっくりすると同時に感心しました。
まだ始まったばかりの夏。
これからお子さん達と暑さを吹き飛ばして水遊びやプール遊びなどのこの時期ならではの遊びを楽しんでいきたいと思います。
そして、身体も心も元気に、暑い夏を元気に過ごしていきたいです。(園長記)
社会福祉法人慈光会 若葉保育園
〒197-0003
東京都福生市熊川1430
TEL.042-551-2955
FAX.042-551-1707
1.11時間開所(7:00~18:00)
2.延長保育(18:00~19:00)
3.障がい児保育
4.一時保育
5.世代間交流事業
TOPへ戻る