本文へ移動

園のブログ

「季節を感じて・梅雨」

2022-06-17
注目オススメ

梅雨は大人にとっては少し鬱陶しい季節ですね。
ですが、お子さん達にとってはいろいろな発見がある季節です。

 
ある雨の日、事務所で仕事をしていると、私の目の端にカラフルなものが現れました。
事務所横には階段があり、ふと見上げると4歳児のお子さん達が階段から降りてきました。
雨の日に何だろうと見上げると、お子さん達は色とりどりのレインコートを着ていました。
”全員がレインコートを着て登園しているかしら”と思いました。しかし、よくよく見るとそれは大きなビニール袋で作ったレインコートでした。
お部屋でビニール袋にマジックで絵を描き、レインコートに仕上げて、園庭にレッツゴー!
鬱陶しい雨が、ウキウキはじけるような活動になりました。
新しいレインコートを買ってもらったわにくん。しかし全然雨が降らず早くレインコートを着たいわにくんのお話です。
6月の4歳児のねらいに「梅雨期の自然に親しむ」とあります。
クラスでは梅雨の自然に興味を持てるような絵本や図鑑などを用意したり、実際に探したり発見するなどの体験ができるような活動を大切にしています。
園の小さい花壇に紫陽花が咲いています。
はさみとのりを使って紫陽花作りをしました。
一人ひとりのお子さんが作った紫陽花が素敵な紫陽花畑になりました。
黒い画用紙の上に載せてカタツムリの歩く跡を見ています。
先日、保育士が自宅の塀にいたカタツムリを持ってきてくださいました。
お子さん達は大喜びで飼育箱に入れて見ていました。
そういえば、東京では最近カタツムリを見つけるが難しくなりました。
昔は雨の日になるとブロック塀にのそのそと歩いていましたが・・・
探したり、発見する活動が少なくなるのは悲しいですね。豊かな環境を残してあげたいと思います。
                (園長記)
社会福祉法人慈光会 若葉保育園
〒197-0003
東京都福生市熊川1430
TEL.042-551-2955
FAX.042-551-1707
1.11時間開所(7:00~18:00)
2.延長保育(18:00~19:00)
3.障がい児保育
4.一時保育
5.世代間交流事業
TOPへ戻る