本文へ移動

園のブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

ひなまつり会

2019-03-01
3月1日(金)にひなまつり会がありました。ゆり組の女の子と男の子はお雛様とお内裏様のような衣装を着て、『さくら さくら』の曲に合わせて踊りを披露しました。可愛らしい踊りで、見ていた子ども達も「あの衣装着てみたい!」と言いながら見ていました。
大きいクラスは自分でどのようにお雛様を作ったかを説明していました。各年齢に合った、かわいいお雛様とお内裏さまの制作ができました。
パネルシアター『流し雛の願い事』を見ました。どうして、雛人形を飾るようになったのかが、分かりました。
保育士の出し物は、劇『じゅんびはいいかな?ひなまつり』を見ました。この話は、お内裏様がお雛様達を探しに行くのですが、三人官女はハロウィンをしていたり、五人囃子はクリスマスをしていたりとみんなで間違いを探しながら楽しんで見ていました。
みんなで『うれしい ひなまつり』を歌いました。歌をうたった後は、楽しみにしていたひなあられを食べ、カルピスを飲みました。「あまいね」「おいしいね」「いろいろな色があるね!」などと話をしながら、食べていました。
3・4・5歳児は、ホールで会食をしました。「エビフライおいしいね!おかわりしよう」と言ったり、「菜の花和えだって!」とこの季節ならではの食材も出て、お雛様を見ながら楽しく食べました。

交通安全教室

2019-02-28
 2月28日(木)に交通安全教室があり、福生警察署の方から、交通安全(横断歩道の渡り方)について教えて頂きました。
最初に交通ルールについてのDVDを観たり、標識を使っての説明を聞いてから、4月から小学生になる年長児は横断歩道を渡る練習をしました。“右を見て、左を見て、もう一度右を見て”と警察の方から言葉をかけられながら手を真っ直ぐに挙げ、渡っていました。
「いつも見守って下さりありがとうございます」という気持ちを込めて、年長児の代表の子がお花と版画の絵をプレゼントをして、最後はみんなで歌のプレゼントをしました。

はっぴょう会

2019-02-16
*0歳児 ももぐみ*       一人一人の歩く姿や「あっぷっぷ」と言った時の笑顔、どの場面も子ども達のいつもの姿を見せてくれました。
*1歳児 ちゅうりっぷぐみ*   子ども達の大好きな『動物村の広場』では、それぞれ動物になって楽しそうに表現していました。
*2歳児 たんぽぽぐみ*     『しろくまのパンツ』の表現遊びをしました。「ちがう、ちがう」「にあうでしょ」と大きな声で言うことができました。
*3歳児 さくらぐみ*     『ぐるんぱのようちえん』の劇ごっこをしました。ぐるんぱ役の子もお店屋さん役の子も緊張しながらも大きな声で台詞を言ったり、歌をうたっていました。
*4歳児 すみれぐみ*      『3びきのやぎのがらがらどん』の劇遊びをしました。トロルが岩陰の穴から顔を覗かせ、今か今かとがらがらどんが来るのをまっていました。トロルとの戦いのシーンは迫力がありました。
*5歳児 ゆりぐみ*       保育園生活最後のはっぴょう会では、『おむすびころりん』の劇をしました。おむすびの歌をリズミカルに歌ったり、欲張りじいさん達のやり取りでは会場中わらいがおこりました。
ゆり組『U・S・A』の遊戯では、スターになりきりかっこよく踊っていました。会場からは、自然と手拍子が始まり、とても盛り上がりました。最後のポーズでは、クラッカーの演出もありかっこよく決まりました。
ゆり組『ガールフレンド』の遊戯では、キラキラしたポンポンを手に持ち、チアリーダーの衣装に身を包んで登場しました。二人組のフォーメーションも上手にでき、子ども達はとても楽しそうに踊っていました。

豆まき会

2019-02-01
2月1日(金)に豆まき会がありました。子ども達は登園をしてくると「鬼はどこにいるのかな?」「怖そうだな」とソワソワしている様子でした。各クラス、手作りのお面をつけて参加をしました。節分の話を聞いたり、「豆まき」の歌を歌い、年の数より1つ多く豆も食べて鬼が来る準備も整いました。
0歳児クラスは花紙を丸めて台紙につけました。ちょこんと生えている角が可愛いです。
1歳児クラスは目や口を貼り、紙の毛はクレヨンで色を塗りました。目の位置や口の位置も異なるので表情豊かな鬼になりました。
2歳児クラスは鬼の身体を紙皿いっぱいに作りました。黄色いパンツが元気な鬼を引きたてています。
3歳児クラスは鬼の仮面、鬼のパンツを作りました。マジックで模様を描いたり、色を塗りました。仮面をつけるとかっこよくポーズを決めていました。
4歳児クラスは空き箱でお面を作りました。様々な形の箱で作っているので個性豊かなお面が仕上がりました。
5歳児も同様に空き箱で作りました。長い立派な角が生えている鬼がたくさんいました。
太鼓の音と共に「赤鬼、青鬼、緑鬼」が登場をすると、「きゃー」と逃げていましたが、勇気を出して「鬼は外、福は内」と大きな声で一生懸命に豆を投げていました。鬼を退治すると「やっつけたね!」「鬼はもういないね」と喜んでいました。
豆まきの後は鰯を食べました。「魚を食べたから鬼も近づいて来ないね」と話しながら食べていました。身がふっくらしていて美味しかったです。

新年福笑い会

2019-01-15
 1月11日(金)に福笑い会がありました。1年の初めにみんなでたくさん笑い、今年も元気に楽しく過ごせるようにとお正月遊びをしたり、二人羽織を見て楽しみました。一年の初めに笑顔溢れる会になり、良い一年を送れそうです。
☆羽根つき☆ 保育士同士、子ども同士で羽根つきをしました。「がんばるぞ」と言い、真剣な表情で羽根つきをしていました。子ども達も大きな声で応援をしていました。
☆こま回し☆ 4,5歳児の子ども達が代表で、こま回しをしました。紐を丁寧に巻きつけてこまを回せた時の表情はとても嬉しそうでした。見ていた子ども達も「回ったね」と一緒に喜んでいました。
☆福笑い☆ 1歳児は『アンパンマン』、2歳児は『名犬チーズ』、3歳児は『ミニオン』の福笑いをしました。3歳児は目隠しをして「目はどこかな?」と手探りで貼っていました。子ども達は「もっと右だよ」など言って教えていました。
☆二人羽織☆保育士が二人羽織をして、口紅を塗ったり、シュークリーム食べました。口の周りに付いたクリームを見て「先生の顔にクリームが付いているよ」「ひげみたいだね」と言い、楽しそうに笑っていた子ども達でした。
☆十二支の話☆保育士とゆり組の子ども達で『十二支の話』の劇をしました。とらやうさぎなどの動物の真似をして、楽しく演じていました。子ども達は「1番はねずみで、次はうしだね」と順番を言ったりしながら見ていました。
☆獅子舞☆ひょっとこ、おかめ、獅子舞が登場すると、驚いてしまった子どももいましたが、「獅子舞に噛んでもらうと、一年元気に過ごせるよ」という話を聞くと頭を出し、噛んでもらいました。
社会福祉法人慈光会 若葉保育園
〒197-0003
東京都福生市熊川1430
TEL.042-551-2955
FAX.042-551-1707
1.11時間開所(7:00~18:00)
2.延長保育(18:00~19:00)
3.障がい児保育
4.一時保育
5.世代間交流事業
TOPへ戻る